どっちのサービスが良かったかというと・・・

crowdworksvslancers

 

「ネット上だけで仕事のやりとりってほんとにできるのかな?」と考えてるあなたへ。

 

当サイトでは、ネット限定のクラウドソーシングで特に人気のサイト、クラウドワークスとランサーズの特徴や利用してみた感想をまとめてみました。

 

登録する前にあなたに合ったサイトを見つけることができると思うので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

 

クラウドワークス

ランサーズ

経験・スキル不要

プロ向け

仕事の多さ

○(70種)

○(73種)

依頼件数

不明

総数27万1815件

依頼(報酬)総額

67億2338万9138円

212億9649万3405円

クライアント数

約2万2000社

6万1573社

登録者数

11万6000人

25万3634人

システム利用料

無料〜報酬の20%

(受取側が負担)

報酬の5〜20%

(受取側が負担)

振り込み手数料

楽天銀行:105円

他の銀行:525円

楽天銀行:100円

他の銀行:500円

会員登録

無料/18歳以上(個人)

無料/18歳以上

個人情報公開

任意で相手にのみ通知

任意で相手にのみ

利用できる対象

個人/法人

個人/法人

依頼方法

プロジェクト

コンペ

タスク

コンペ

プロジェクト

タスク

有料オプション

個別に依頼

支払い方法

銀行振込

クレジットカード

PayPal

銀行振込

クレジットカード

検索のしやすさ

年数

2012年から

2008年から

仕事の早さ

使いやすさ

総合評価

クラウドワークス,ランサーズ,比較,クラウドソーシング

クラウドワークス,ランサーズ,比較,クラウドソーシング

クラウドワークス体験レポへ

ランサーズ体験レポへ

 

仕事を依頼したい人は、報酬金額に関わらず、「ランサーズ」がオススメです!
仕事が早いとか応募が集まりやすい人などの「できる人」が、ランサーズに集まっているように感じました。
なぜなら、クライアント数が圧倒的に多いから。
やはり、仕事は人の多いところに集まります。
なので、ランサーズの方が質の高い人が集まってくるのだと思います。

 

仕事を受けたい人は、報酬金額が20万円より多いなら、クラウドワークスがおすすめです。
クラウドワークスやランサーズのシステム利用料は、仕事を請け負う人が負担することになってます。
ランサーズだと5%の手数料がかかってしまいますが、
クラウドワークスでは、報酬金額が20万円を超えるとシステム手数料が無料になります!

 

一方で、報酬金額が20万円より少ないなら、数が圧倒的なランサーズ
ただ、クラウドワークスもランサーズも手数料は変わらないので、
両方に登録しておくのも手だと思います。

 

自分に合うより良い仕事を探したい人は、両方の登録がベストです。
普段はどちらかをメインで使い、
仕事が無い時はもう片方を使えば、仕事が見つからない可能性は少なくなります
どうせ無料で登録できちゃうので、両方登録した方がお得です!

 

ランサーズの公式ページ→

 

クラウドワークスの公式ページ→

更新履歴